カテゴリ:遊び( 34 )

書友と女子会

2日はネットで知り合った書友であるYOKOMOKOさん、みずほさん、Kさんと4人で会うことができました。
場所は茅ヶ崎のMOKICHI。予備知識もなくお店に向かいましたが、そこは何ともお洒落なコンセプトでお店つくりをされていて、茅ヶ崎という町のセンスが反映されているんでしょうね。
e0145328_1345215.jpg

明治5年創業の蔵元で湘南ビールの工場跡がレストランとベーカリーになっています。この日はあいにくの雨でしたが、湘南の古き良き時代を彷彿とさせるには十分な雰囲気でした。
   MOKICHI http://r.gnavi.co.jp/g246300/
e0145328_1346795.jpg

4人で集まるのは初めてですが、主婦、母、そして自宅で書道教室を開いているという同じ境遇でありますから1つ話題がのぼると話に花が咲く咲く(笑) 
クーポンでご馳走になった湘南ビール・・・銘は確か「コタツでみかん」。炭酸がきつくなくて飲みやすいビールでしたよ~~
e0145328_1347933.jpg

ランチも充実・・・美味しかったです!!↓に美味しいパン、デザート、コーヒーが付きます。
e0145328_13485780.jpge0145328_13493377.jpg

この日はみずほさんの小さいお子さん2人もおばさんたちの女子会に長い時間付き合ってくれました。
MOKICHIさんにはキッズ同伴のお部屋があり、子どもの遊ぶスペース併設、そして以前は工場でしたから広い壁をスクリーンにして無声のアニメが流れています。このお洒落な子守り・・・・さすが茅ヶ崎、センスいいな~~と感激しました。
YOKOMOKOさん、みなさんとの調整ありがとうございました。みずほさんもお忙しい中来ていただき、また素敵なお店に連れて行っていただきありがとうございました。そしてKさんとはお初にお目にかかりましたが、ネットでは2年以上お話していますので初めてのような気がしませんでしたね。楽しい時間をありがとうございました。
次の女子会が早くも楽しみですね!!
[PR]
by irohanihoheto_ku | 2013-04-05 13:59 | 遊び

ひょうたんらんぷ

yokomokoさんから作り方を教えてもらい、ひょうたんを手に入れてから約1年以上。
ダイソーのルーターで取り掛かってから半年以上。
安ものルーターでははかどらずイライラで放っておきましたが、父が入院したり、葬祭会館にお通夜葬儀まで安置されていた時期、私の泊りの当番以外の夜に家で黙々と仕上げていました。
これも仕組まれたように、注文していたPROXXONのルーターが2週間前に手元に届いていたからできたのです。
e0145328_1261329.jpg
e0145328_126411.jpg


まだまだ荒削りの作品ですが、1作目作ってみました。
[PR]
by irohanihoheto_ku | 2012-08-29 12:10 | 遊び

暴風雨

3日、当初予定していたことがこのところの暴風雨で延期、映画を見に行きました。

ネットのお友達のhanarengeさんが紹介していた「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」。
(チネラビータで4日まで)
e0145328_13135578.jpg


1人で見に行ったのですが、最後の方はバックからごそごそハンカチを出し流れる涙を拭きながら見てました。
ミシシッピ州の黒人のメイド・・・ヘルプへの差別が題材になっていますが、不本意な事にちゃんと向い、声を上げる勇気と理解者へ生まれる友情・・・・人間としての誇り・・・己の生き方ということを考えさせられました。
弱い立場である黒人メイドの思慮深さが、白人の雇い主より賢く描かれていて痛快なストーリー展開です。

このパワハラは白人の雇い主とメイドの関係だけではなく、小さいことではあるけど、自分の近いところで毎日のようにしたりされたりしてるよな~映画で描かれているあの白人達のようにはなりたくない!と思うだけで世界が少しづづ変わってゆくような気がする!映画の力って凄い!!
[PR]
by irohanihoheto_ku | 2012-05-04 13:16 | 遊び

文楽鑑賞


e0145328_10285263.jpg
舞台が好きな、江戸文化専攻の友人に誘われ「文楽」鑑賞をしてきました。

人形さん、生きていますね~~~女性の「美しさ」は身のこなし、お茶の亡き師が言っていたことが蘇ります。
語りの太夫さんも凄かった!!顔かたちを変えながら一人何役もこなすさまは、お人形もさることながらこちらも見逃せないぞ!としばし釘づけ(^^)

浄瑠璃、三味線、人形・・・・「芸」という言葉の持つ深~~~いもの、心に沁みました。

この日の演目は、
双葉蝶々曲輪日記 八幡里引窓の段
新版歌祭文 野崎村の段 の2つ。

どちらも人情物。江戸時代の情緒、、、泣ける泣ける・・・でも後味さっぱり、大岡越前のお裁きを思い出すわ~

しれにしても、野崎村の段、「おみつ」という女性が恋う人のために身を引き、尼になる覚悟をしたシーンの語りが忘れられない!!

「・・・・白無垢の、首にかけたる五条袈裟、思い切ったる目の内に、浮かぶ涙は水晶の、玉より清き貞心に・・・」

「水晶の玉より清い涙」・・・何ともいい表現!

文楽、「美しかった」!!本物は美しいのですね。
[PR]
by irohanihoheto_ku | 2011-10-06 10:30 | 遊び

雨のキャンプ

今日は恒例のヤマネキャンプでしたが、生憎の雨・・・もう朝から土砂降り!!
でも、きっとみんな集まってるはず!
e0145328_073814.jpg

もたもたして我が家の出足が遅れ、到着は13時頃。皆さまはもうくつろいでいました。
キャンプの先生でもありリンゴ園主の洋ちゃんは、みんなの集まるデッキにこの豪雨をもしのげる取り外し可能な屋根をこしらえてくれました。そのおかげで安心してワイン片手にバーベキュー、焼きそばをみんなでつつき、熊さんが焼く蔵王牛のタタキに舌つつみを打ちワイワイと盛り上がりました。
e0145328_082639.jpg

一時の山の時間をそれぞれが楽しむ・・・20年以上も付き合ってきた人たち、一緒に年を重ねた人たち、ヤマネで同じ思い出を共有する人達の顔を眺めながら、今日のキャンプも一期一会だな~~~みんな生きていてよかったなと心の中で思っていました。

もう3月から4ケ月も経ち、何度も皆と会っているはずなのにまだまだ震災の時の話かそれに関連する話が多かったかな??あとは愉快なバカ話(^^)

今日は運転しないで良かったのでワインを飲んで久々に山で酔っ払いました。
震災以降みんなの中で何かが変わったと思うんですが、今日の楽しい時間、山の空気を吸いながら酔っ払った頭で思ったことは、この世は仮住まいなのかもしれないなということ。どうしてそう思ったかは上手く説明ができませんが、みんな楽しそうに笑っているんだけど、夢の中のことのように感じたんですね、酔っ払いは(笑)「胡蝶の夢」の話を思い出しました。
無常観というのともまた違う、過去、現在、未来もなくあの世この世もなく、「空」の中に居るような感じかな・・・そうとう酔っ払った?(笑)

現実の世界では、先週は月~金まで9時から6時まで条幅中心のお稽古。一回に条幅2人と半紙1~2人ぐらいの少人数で夏休みは時間割を組みます。少人数なので日頃気になっているところも指導でき、たまに愛の鞭の激も飛びますが充実したお稽古ができるのでこれも楽しい時間です。
子どもたちも私の目が分散しないので手を抜けません(笑)お互いに頑張りました!
来週も続きます!
e0145328_093049.jpg
e0145328_0102543.jpg

[PR]
by irohanihoheto_ku | 2011-07-31 00:16 | 遊び

復興への祈り

7,8日とyokomokoさんが来仙してくれました。
来仙の予定を聞いたのは5月だったかしら?その時、きっと震災のお見舞いも兼ねていらしてくれるんだな~~と思っていました。

そしたらね、これをお土産に持ってきてくれたんですよ。
e0145328_23341493.jpg

ネットで拝見していたyokomokoさんのひょうたんランプ処女作です。それがわたしのところに来るなんて、シャンパンハウスで見た時はとっても驚きました!
きっと、復興への祈りのメッセージがこの光に込められているんだな~~と明りを灯して眺めています。ありがとう、ありがとう。

7、8日、正確には7日の19時30分から、落ち着くことなくあちこち振り回し遊びました!!楽しかったぁ~~~
yokomokoさんのブログの進行を見ながら、種明かししないように更新していきますね!
[PR]
by irohanihoheto_ku | 2011-07-09 23:40 | 遊び

温泉

e0145328_22185335.jpg

GW中に一泊で温泉に行きました。
仙台近郊には、秋保、作並、遠刈田、青根と1時間以内で行ける温泉がいくつかあります。

多くの温泉街は観光バスが入り観光地化されている中、未だに鄙びた風情のままなのが「青根温泉」です。その中で一番の老舗「湯元 不忘閣」に宿泊してきました。
e0145328_22134490.jpg

こちらの開湯はパンフによると、享保元年(1528年)・・・家康の母が没し、2年後に上杉謙信が誕生した頃だそうです。
政宗はじめ伊達家の人々が湯治した「青根御殿」(下の写真)があり、芥川龍之介をはじめ多くの文人に愛された老舗旅館です。
e0145328_2214514.jpg

古いです。古いまま、でもきれいにしています。
何といっても5つのお風呂がそれぞれいい!!
中でも2年前に誕生した貸切の「蔵湯」。蔵の中にヒノキのお風呂が置いてあります。凄い大きなスペースの蔵の中で、お湯が流れる音と湯船の波に映るライトの揺らめきの中、静かに静かにつかる時間は至福の時でした。(蔵湯の中はHPで見てみてくださいね)
e0145328_22155874.jpge0145328_22163198.jpg

こちらは日本秘湯の会の宿でもあり、休憩所で出会った温泉好きのおばさま方、一人は毎週温泉に入りに行くという千葉の方、もうひと方は神戸在住で温泉好きのあまり福島にもう一軒別宅を持って東北の温泉を堪能している方・・・温泉談義に花が咲きそんな出会いも楽しい時間でした。
ここの宿はそのお二人が絶賛するお湯なんですよ~~~

また、温泉に行くと料理の品数に閉口し最後はアップアップするのですが、こちらのお料理は品数は同じようにありますが、完食しました!それでいていやな満腹感がないのです。料理人の腕ですね!

一押し!
お湯に近いお部屋は、日本秘湯の会のサイトか直接宿に電話をすることで予約できるそうです。
嬉しいことにお一人様のプランもあります。秘湯めぐり、趣味になりそうです!

冒頭の看板は450年以上前の石造りの浴槽の「大湯 金泉堂」のものです。いい字だなぁ~
[PR]
by irohanihoheto_ku | 2011-05-21 22:33 | 遊び

ひとり松島

そうそう、東京に行く前の金曜日、家の掃除が済んで少し小ざっぱりした気分になり思い立って松島に行ってきました。

ひとりで松島なんて初めてですが、今回は遂行したい目的があったんです。

私の目的地は「円通院」。ここは瑞巌寺の隣にある伊達政宗公嫡孫伊達光宗公の菩提寺で、「数珠作り」ができるのです。以前から自分の数珠を作りたいと思っていましたがなかなかチャンスがなく、今がチャンスとばかりに出かけました。
e0145328_23385149.jpg

ここのお寺は秋の紅葉が美しくライトアップされているので有名ですが、この時期はさすがに名園も寒々しい・・・・・けど、わたしの目的は数珠(^^)
茅葺の瀟洒な本堂は趣があります。この本堂で数珠作りができます。

中はこんな感じで、材料はプラスチック、ガラス、自然石(小)、自然石(大)の4種類。
ここで作る数珠はお葬式に持っていく用途ではなく、腕に普段つけていると肌に触れるごとにお経を唱えているのと同じ意味があるという・・・・なんとか数珠(あ~~名前忘れちゃった)
e0145328_23375649.jpg

まず、一番上になる親玉を数ある石の中から1つ選びます。
次に左右に二天と呼ばれる小さい玉を同じ色で選びます。この二天とは「心と体」を意味するそうで、心と体がばらばらにならないように同じ色なのだそうです。
そして、主珠と呼ばれる石を決められた数、周りにを置いていきます(色はどのように配色してもいい)。
e0145328_23392463.jpg

最後に伸びるテングスに通し出来上がり。
すべて出来上がってから、自分が選んだ石の持つ意味とパワーを教えてくれます。
さて、私が選んだ石でできた数珠はどんなパワーを持つのでしょう!!

まず、親玉に選んだのは「水晶」・・・・邪気を払う
   主珠に選んだ内の数の多いものは「紅水晶」・・・・家族への愛情
   主珠のアクセントに入れた緑は「翡翠」・・・・健康とよりよい人間関係
そして二天、心と体の部分に入れた赤は「ローズヂャスター」・・・情熱

だそうです。う~~~ん!気にいった(笑)!!
毎日つけて毎日お経を何巻も唱えている気分になっています!
皆様も健康でいられますように!そして皆さんの志が実現しますように!
祈りの数珠です。

自然石は触れた人の気が入るから気をつけなくちゃいけないと言われているので、「洗った方がいいですか?」と聞きましたら、こちらの石は御本尊「聖観世音菩薩」様に御祈祷済みで心配ないそうです。
冬の平日というのに、私がいた時間に他に4人もいらしていました。やはり観光地なんですね。

松島の風景を少し・・・・
瑞巌寺の参道、門の先は海が見えます。
e0145328_2340329.jpg

五大堂。
e0145328_23403670.jpg

冬の海。「松島や ああ松島や 松島や」
e0145328_23412417.jpg

そして、電車に乗る前にやはりこれ!牡蠣でしょう~~~300円也!美味しかった!!
e0145328_23421229.jpg


石巻と仙台を結ぶ仙石線に乗ると、石の森章太郎さんの漫画が描かれた電車に当たる時もあります。ラッキー!
e0145328_23424586.jpg
 
[PR]
by irohanihoheto_ku | 2011-01-28 23:46 | 遊び

2本立て

今日はもう一つ。
木町通りに、仙台フォーラムというレトロな昔の名画座のような映画館があります。劇場が2つの小さいところ。受付で購入した券に番号が付いており、時間の5分前になるとスピカーを手にしたお兄さんが「1~5番の人~~お入りください。次は6番~10番まで・・・・」と5人ずつ案内をします。
着席した後の劇場アナウンスもスピーカー片手のお兄さんやお姉さんが後ろで囁きます(笑)
劇場内は飲食禁止。いまどきのアメリカナイズされた映画館でキャラメルポップコーンを頬張りながらみるものいいけど、この仙台フォーラムの律義な手作り感もまたいい!!ここは劇場の規模の割にはトイレが広く数もあり、きれいにしているんです。古いところをきれいに使う!携わる人の心意気が見えるところですね。

フォーラムの宣伝にかなりのスペースをとりましたが、ここで先日「マザーウオーター」を観ました。そして昨日は「かもめ食堂」を観てきました。
「かもめ食堂」の方は5年前ぐらいの映画なのかな?小林聡美、もたいまさこがどちらにも出演しており、「かもめ食堂」はフィンランドのヘルシンキ、「マザーウオーター」は京都が舞台になっています。主なキャストはそれぞれ6人ほど。素敵な街の風の音や水の音、そして表現を選んだ多くない言葉・・・さらさらと流れるような日常・・・生活する上でのさまざまなことを最小限に表現したとてもシンプルな映像と言葉、空間。
「日常」を描いたと言われるこの映画がなぜ癒しの映画と言われるのだろうか?

考えてみました。。。。「日常」ではないから癒されるのです。
人間が持つ「喜怒哀楽」の「怒」がないのです。
シンプルな所以は登場人物はみんなシングル。例外は「かもめ食堂」に登場するヘルシンキに住む亭主に逃げられ取り乱すおばさん・・・こちらは唯一「怒も哀も」表現しています。
が、どちらも全体的に「中性的」な感じを受けるんです。
そして、経済感覚が感じられない。(これで生活成り立っていけるのだろうか?)
要するに私たちを悩ませる愛憎とかお金とかを考えなくていい日常なんだな~いいですよね(^^v

そうそう、どちらかのブログで「怒る」というのは「自分が正しい」と思っているから・・・と読みました。この2つの映画で「怒」がないのは「正しい」ことは1つじゃない、という背景があるのでしょうね。

小林聡美演じる女性はいずれも「自分の意思を持ちながら、もっているからかな?必ず他を認める」「受け入れる」。登場人物たちの程よい距離感もいい。
「こだわらない心」が「空の心」なら、きっとこの映画の主題は「空の心」かもしれない。
風の音、水の音・・・・
だから、みんなこの映画を観て癒されるのでしょう。

仕事、家庭生活、子育て、地域のおつき合い・・・・お寺の修行よりも修行だとこれも誰かが言っていました。私たちは毎日毎日修行をしているのです(笑)
「こだわらない心」を持った人たちが集まると、こんなにも穏やかに楽しい時間が流れるのかと「発見」した映画でした。
お勧め!!
[PR]
by irohanihoheto_ku | 2010-12-11 22:07 | 遊び

月奴でございます

いや、冷奴かも037.gif
今日はモデル気取りの悠月にお付き合いくださいませm(__)m
e0145328_2341750.jpg

お友達がブログ用に?上手にピンボケに写してくれたのでそのまんまアップしますわ!
(こういうときは手振れ防止がついてない昔のデジカメが重宝します!!)
e0145328_2363845.jpg

お友達のお誘いで某着付け学院のイベントに行ってきました。
舞妓さんか芸者さんに作ってくれ、写真を撮ってくれるというもの!(5000円)

私は小さいときなぜか芸者さんになりたかったときがあって・・・育った家が宴会好きだったせいもあり、物心ついたときには「お座敷小唄」を最後まで歌えるようになっていて・・・今も歌えますよ(笑)
e0145328_2371749.jpg

舞妓さんにするか芸者さんにするか迷いましたが、芸者さんのあの黒い着物に憧れてたのでやはり芸者さん!10年ぐらい前の「御家人残九郎」という時代劇に出ていた芸者さんが大好きでした!

私の遺影はこれにしてください043.gif
あ~~これで心残りが1つなくなった?!いえいえ、来年は舞妓さんになろうかしら?
[PR]
by irohanihoheto_ku | 2010-11-18 23:21 | 遊び