良寛さんを訪ねて

12月の新潟の続きです。
弥彦神社を後にして、燕市分水良寛資料館に着きました。「着きました」というのはナビで最寄りの良寛ゆかりのスポットを検索し、ナビに連れて行ってもらったのです。
e0145328_22413495.jpg

良寛さんのお姿が・・・
地方の小さな資料館です。私たちしかいませんから館長さんのようなおじ様が1点1点説明してくれました。良寛さんの書や良寛さんのご実家の方々の書、貞心尼さんの書他、良寛さんを取り巻く方々の書が展示されています。良寛さんの書は常設展ではあまり展示していないそうですが、良寛さんのお父上やご兄弟の書なんかも見れて興味深かったです。
e0145328_22441154.jpg

外に出ると一時霰が降ってきました。「あられ」は確かにこの形ね。

次に向かうはランチスポット。
日本海の蟹~~~カニ~~
寺泊に着きました。暮れのお買いものでしょうか多くの人で賑わっています。
e0145328_2245073.jpg

e0145328_2246351.jpg

お重一面カニのカニ重を頂きました。

お土産に毛がに1パイ購入、2000円也!お味噌もたくさん入っていて美味!もちろん甲羅酒よ!

寺泊をさらに西へ。
e0145328_22475494.jpg

西に伸びる海岸線ぎりぎりを車が走るのですが、リアス式海岸育ちの私はこんなに水と隣り合わせの道をどこまでも走るのは初めて・・・で、冬だし海は荒れてるし津波がきそうな妄想に駆られドキドキしながら良寛さんの生誕の地、出雲崎に到着。
e0145328_22483837.jpg

良寛記念館。こちらもお客さんは私たちだけ。ゆっくりと拝観できました。素敵な佇まいの記念館です。
記念館の裏手は良寛と夕日の丘公園があり、子どもたちと遊ぶ良寛さんがいます。
e0145328_22493979.jpg

佐渡もきれいに見えますよ。
e0145328_22521581.jpg

寒いし夕暮れだったせいもあり、素敵な風景と言うより寂しいというか心細いというか早く家に帰りたい気持ちになりました(笑)

ちょっと寒々しかったけど、良寛さんの書に沢山逢えていい旅でした!! 
[PR]
by irohanihoheto_ku | 2014-01-27 23:05 |