2013GW③-2

さてさて、大原です。

喜寿の母2人を連れての旅のため計画は最低限しか立ててなく、あとはその日の体調と気分でと考えていました。朝食後「さぁて、今日はこれからどうする?」と会議。

で、、昨日苔寺から乗ったタクシーの運転手Yさんがとてもいい人だったので、その方にお願いして母2人が行ったことがないという大原に行くことにしました。・・・・私の誘導もあったけど・・・(^^)

大原に行く途中、急にタクシーの運転手さんが「あ、今通りすぎちゃったんですが、春と秋限定で公開している場所があるんですが寄りますか??」と提案してくださり、「限定」に弱い私たちは快諾!!そして戻りました。

「瑠璃光院」、思いがけない素敵な出会いでした。
浄土真宗の寺院ですが、元は三条実美にゆかりがある場所で、その後料亭に使われたりしていた時期もあったとYさんが教えてくれました。
e0145328_10183537.jpg

e0145328_1021187.jpg

三条実美が命名した庵があり、自筆の扁額が玄関正面に掲げてありました。立派な字です!!
e0145328_10194444.jpg

囲碁の対局の会場にもなるとか・・・・静かでピッタリの場所です。
e0145328_10221853.jpg

e0145328_10241141.jpg

壬申の乱で大海人皇子が傷を癒されたという「八瀬」(「矢背」)、今でも釜風呂がありました。サウナですね。
e0145328_10231039.jpg


そして、みごとな瑠璃・・・ラピスラズリー。パワー発してそうでしたよ!!
e0145328_10265420.jpg


売店にいらした方がおっしゃっていましたが、この5月の春の特別公開が済んだら、一度公開方法を考え直すとのこと。
2005年から春、秋の期間限定の特別公開を始めたというから8年になりますね。
苔寺も以前ははがきを出さなくても拝観できたそうですが、文化財を守る為には多くの人に見ていただくこととそれを保護することを一緒に考えていくかなくてはならないのでしょう。

私たちが帰る頃に、団体のツアーのお客さんが大勢いらしていました。確かにいっぺんに団体のお客さんが連なったら、あの年代物の瀟洒な建物は悲鳴があがるかも・・・・
でも、癒される素敵な場所だし、みごとな瑠璃も皆さんに見ていただきたいと思うし・・・

どのような拝観方法になるのかしら・・・・

瑠璃光院のHP  http://rurikoin.komyoji.com/
[PR]
by irohanihoheto_ku | 2013-05-14 10:56 |