京都⑥

駒井邸を後に、バスで街中へ向かいます。
駒井邸でゆっくりしてしまい、1時にお約束をしていたところへはお昼も食べず急ぎ足で・・・・

こちらもとても楽しみにしていた場所。「高橋徳」さん。
小袱紗の友禅染体験です。
行ってから分かったんですが、皇室の方々のお着物も染められていらっしゃるような格式と伝統のある染のお店でした(^^;

丁寧な友禅染の説明の後、工房見学をさせていただき、その後にする体験へスムーズに進むことができました。あの説明や職人さんの工程見学がなかったら染への思いが半分だったような気がします。
高橋徳さんの染を伝えていこうとする心意気が伝わってきました。

こんなことをしたんですよ。
すでに絵の枠が出来上がっている(糊防染というのだそうです)ところに色を乗せていきます。
e0145328_17235178.jpg

e0145328_17242397.jpg

2枚袱紗を作るので、片方を乾かしながら2枚を同時進行させてゆきます。
e0145328_17254575.jpg

もう、楽しかったです!!

こちらでは、通って帯や反物も仕上げられる方もいらっしゃるそうで、ご一緒した方は岡山から毎週通われて鏡台のカバーを作られていました。大作でしたよ。
近ければ私も通いたいです!!

本当にご親切にしていただきました。
いろんなお話をさせていただき、楽しい時間でした。お菓子好きのお話をしたら、ご贔屓のお菓子屋さんを紹介してくださったり、ありがとうございました。
きんとんを買ってみましたが本当に上品なお味でした!!

小袱紗は仕上げに3週間ほどかかるそうです。出来上がってきたらアップしますね!!

さて、翌日は今回の旅の動機となった国民文化祭のお茶会です。
[PR]
by irohanihoheto_ku | 2011-11-13 17:30 |